大阪府堺市北区中百舌鳥で人気の美容室 VOCE[ヴォーチェ]

Webで
予約

LINE
登録

  • 2020.04.18
  •  ー伊藤のBlog

学校始まる前にダメージレスの黒染めした女子高生の話

おはようございます!
中百舌鳥(なかもず)にある美容室VOCEの伊藤です♪

感染拡大するコロナの影響で、各都道府県や各業種に自粛要請が出ております。

僕の地元、島根県でも感染者が出たとの事で、家族の心配をしながら働いております。

 

さて、そんな中、

学校もお休みになっておりますが、
学校が始まるに向け、ブリーチした髪を黒染めしに女子高生がご来店してくれました。

before

IMG_0611
インナーカラーをした為に、髪の中側のみブリーチされている状態です。

普通のカラー剤でそのまま染める事も出来るのですが、髪のダメージを抑え、色持ちよく染めたい…

アルカリカラーによるダメージとは?

アルカリ剤の入っている一般的なヘアカラーでは、短期間に何度も繰り返し使いすぎてしまったり、明るい調合のヘアカラーをしすぎると、髪が薬剤に耐えきれなくなり、ダメージを起こすことがあります。

これは、繰り返しアルカリ剤を使うことで髪のタンパク質がカチカチに変性を起こしてしまうからです。

このタンパク変性が起こると、弾力のない固い髪質になり、切れ毛や枝毛が増えてゴワゴワの髪になってしまいます。 一度タンパク変性を起こすと、元の健康な髪には戻りません。特にホームカラーは要注意です!!

VOCE自慢の「ハーブカラー」で染めていきます。

ハーブカラーとは、ハーブの粉とお水で染めていきます。
カラー剤に含まれるアルカリが入っていない為、髪が細くなるやダメージを抑える事で色持ちも良くなります。もちろん、上記にあったアルカリダメージも回避出来ます!

2017-03-11-09.06.32-237x300

検証として毛束を染めて何回もシャンプーを繰り返した時の色の抜け方の違いがこちら↓

左がハーブカラー
右が普通のアルカリカラー(色が抜け薄くなっています)
これだけの色持ちに変化があります。

 

ハーブカラーで黒染めしたらどうなったの?!

after

IMG_0613

 

IMG_0614

ダメージレスで綺麗に染まりました♪

そして、アルカリを使ってないので、

髪のダメージも抑え、色持ちも良い!

そして、写真では分かりにくいのですが、

ダメージも抑えてるので、もちろん手触りもサラサラ~♪

 

登録のお願い

 

只今、 LINE特典クーポン配信中!! 登録は   友だち追加数 をクリックしてくださいね!     ヴォーチェが今、 どんな研究をしているのか?   メニュー開発の裏話 今、流行のヘアスタイル スタッフの○○○
  などなど・・・ タメになる情報、お得な情報を 先取りしたい方は   Facebook__Find_us_on_ instagram-1052x591-326x245 VOCE-twitter   上をクリックして 登録をお願いしますm(__)m

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>★☆★
美容室 VOCE(ヴォーチェ)
大阪府堺市北区中百舌鳥町6-1012-1-1F
御堂筋線 中百舌鳥駅より徒歩5分
平日 / 10:00~19:00(パーマ、カラー 17:30)
土日祝 / 9:30~18:30パーマ、カラー 17:00)
定休日 / 毎週月曜日・第2・3火曜日
TEL / 0120-655-414 / 072-252-5414(予約優先制)
WEB / https://www.voce-web.com/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>★☆★

ARCHIVES